【保存版】妊娠中のつらい頭痛…原因と対処法のまとめ

“ストア”

頭痛はとってもつらいですよね・・・。普段なら薬を飲んで頭痛をしのげばいいのですが、妊娠中に安易に薬を飲むわけにはいきません。ひたすら耐えなくてはいけない頭痛はとってもつらいですよね。

原因がわかれば対策も見えてきますよね。そこで今回はそんな妊娠中のつらい頭痛の原因と対処法をご紹介しましょう

 

妊娠中の何とかしたいつらい頭痛

妊娠中の症状としてよく知られているのが、つわりですよね。胃がムカムカしたり吐き気などがあり何も食べることができなかったりするものですが、実は頭痛の症状を訴える妊婦さんも沢山いるのです

その症状を感じる時期は人それぞれですが、早い方は妊娠超初期にはおこります。妊娠超初期とはまだ妊娠検査薬でもしっかり判断ができない頃です。そんな時期の頭痛は普段の頭痛と判断つかないことも多いので、簡単に薬を飲んでしまいがちです。安定期に入るまではずっとその症状を抱えている妊婦さんは多くいらっしゃいます。とはいえ全く感じない方もいらっしゃるので、これに関しては個人差がとても大きいといえます

妊娠がはっきりわかっている時には、薬はNGですよね。頭痛の一番の対策としては頭痛薬ですが、その対策ができない状況というのは本当につらいとしかいいようがありません。

 

妊娠中の頭痛の原因は??

妊娠が分かっている状態の時に頭痛が起こるとどうやって対処したらいいのか困りますよね?普段なら頭痛薬を飲んでしまえば何とかなるのに・・・。そんな私も頭痛持ちで嘔吐してしまうほどなので普段から頭痛薬が欠かせないでいます。妊娠したらどうなるんだろうと恐怖さえ感じていました。私と同じように頭痛薬が欠かせない方は世の中に沢山いらっしゃるはずですよね。

頭痛には2種類あります。ではそれぞれの原因を探ってみましょう。

1.偏頭痛

妊娠するとホルモンバランスに変化が起こります。女性ホルモンの分泌量が乱れるので、脳の血管が広がりやすくなって偏頭痛が起こってしまうのです。

2.緊張型頭痛

妊娠すると、頭痛だけでなく様々な症状に見舞われます。そんな時に以前のように動くことは難しいですよね。結果的に運動不足になりがちです。血行不良で腰や肩がこり、頭痛を引き起こしてしまします。寝不足なども原因の一つです。

“ストア”

つわりなどにより鉄分の不足から鉄欠乏症貧血を起こしやすくなり、それが原因で緊張型頭痛になる場合もあります。

 

妊娠中の頭痛の対処法は??

2種類の頭痛の対策はどんなことがあるのでしょう?

1.偏頭痛の対策

偏頭痛は脳内の血管が拡張して起こってしまうものなので、その対策をしてあげましょう。温めるのはNGです。首筋や頭を冷たい濡れタオルで冷やすことをオススメします。

他にはカフェインも対策になります。カフェインは血管を収縮させる効果があります。しかしここで気をつけなければならないのは妊娠中のカフェインの摂取は注意が必要ということです。1日に1杯程度であれば問題ないとされていますので、医師とも相談しながら進めてください。

血管の収縮を促進すること以外には、刺激を遮ることが大切です。頭痛を経験したことがある方はご存じだと思いますが、光や音は頭痛を感じている時にとても苦痛に感じますよね。暗くて静かな空間でゆっくりと体を休めてあげることが一番いいでしょう。

2.緊張型頭痛の対策

緊張型の頭痛は逆に結構不良によるものですから、温めてあげる必要があります。蒸しタオルなどが効果的です。血行をよくするツボ押しなども効果的ですね。

 

つまり、頭痛の原因によって対策は極端に違うというわけです。しっかり判断して対策する必要があるということですね。

 

妊娠中の頭痛薬は大丈夫??

妊娠中のつらい頭痛を何とかして抑えたいけど、薬はさすがにNGであることは何となくわかりますよね。やはりおなかの赤ちゃんのことを考えると安易に薬を飲んでもいいということはできません。

ただ、妊娠の時期や薬によっては飲んでもいいものもあります。自己判断は絶対に避けてほしいものですが、どうしても我慢できない頭痛を日々感じている妊婦さんは医師に確認て薬を服用するようにしてください。

 

まとめ

妊娠中の頭痛を耐えるのはとてもつらく、嘔吐をしてしまう方も多いでしょう。その対策としては頭痛の種類によって両極端です。まずはご自身の頭痛の種類をしっかりと把握することが、頭痛の対策への一番の近道だといえますね

安易に考えず、おなかの赤ちゃんのこと、ご自身の体のことを考えつつ対策をしていってくださいね。

“ストア”